2015年4月29日 (水)

とりあえず

ブログってどう使うんだっけ? というほど ふぬけてます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

気が抜けてます

このブログも すっかり ふぬけです。。。 延命のため 記事 書きました。 以上。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

「へへへ」のパソコン

久しぶりのです。暑さのせいか、人間もパソコンも暴走しています。

それも、いまだに。

パソコン(ノート)の熱暴走は、冷却ファンと、冷却フィンにたまったほこりを掃除して一段落したのですが、

「へへへ」の暴走が止まりません。

この記事を書いている今も、日本語入力中に勝手に「へ」が挿入されていきますへ。

新手のウイルスかともへへへへへへへへへ思いましたが、へへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへ、違うようですへ。へへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへ。

と、こんな調子です。へへへへへ

キーボード裏はエアーを掛けて掃除をしました。一度は沈静化したのにまたこんな調子です。

同じような症状を経験した方、いますか?

ちなみに、日本語入力offの時は「^」^^^^がへづきへへます。

助けてくれ!! へへへへへへへへへへへへへへへへ

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

「いじめはなかった」なぜ、すぐに思えるのか?

 とても悲しいことがあった。中学2年生の自殺とも思える状況での転落死だ。それも学校内で。
 この事故(事件)の夜、学校長が記者会見で次のように語った。
「友達付き合いで悩んでいたのは把握していた。いじめがあったとは思っていない」【朝日】

 この言葉を読んで、私の悲しみはさらに深くなった。
 なぜ、すぐに「いじめがあったとは思っていない」【朝日】と語れるのだろうか。もちろん、他の在校生や教職員そして学校長自身の事を思って、いや、かばっての発言という心情は理解できる。しかし、この一言で、仮に自殺と断定された時に、その背景や責任がすべて自殺した当人と家族にある、と、したい気持ちも見え隠れしている。

 いじめは『あった』『なかった』という単純な切り分けが出来るものでないことを、昨年来から多発している学校内外での自殺とその報道から学んでいないのだろうか。

 せめて、
『いじめの事実があったとは、把握していません。今後、在校生の将来に十分配慮した形で調査いたします。』
【記者Q】いつ頃までに調査するのですか?
【校長A】警察の捜査状況にもよりますが、概ね1ヶ月後には1次報告をさせていただきたいと考えています。
【記者Q】それでは遅すぎるのではないですか?
【校長A】非常にデリケートな問題ですので、ご理解いただきたく存じます。

 といった発言はできないのだろうか。この発言でも【責任逃れをしているだけではないのか!】というお叱りはあると思うが、いきなり『いじめはない!』と言い切って『いじめはないことを前提なので、自殺の背景については説明責任がありません』というよりも、誠意が感じられる。

 そして、自殺した生徒について、あらゆる情報を集めてほしい。その際、個々の情報がいじめに当たるかどうか、自殺に結びついたかどうか、という拙速な判断はしないこと。それがご遺族の方や、今、自殺が頭に浮かんでいる人への、誠意ある対応ではないだろうか。

亡くなられた中学生のご冥福をお祈りする。

続きに、上記引用した朝日新聞社の記事を載せます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

ブログ乗っ取り事件-コンピュータ犯罪-

ブログジャックについて書きました。Y社のブログも持っていますが、N社で記事を書きました。よろしかったらご覧ください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 9日 (水)

お昼のラーメンを食べながら読んだ

トラックバックは貴記事に無関係かも知れません。 4つほど選ばせていただきました

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

ならば算数教育も国語教育も全部やめるべきだ

 中央教育審議会会長山崎正和が発言した。個人的な見解だが『現在の道徳教育もいらないと思う』『歴史教育もやめるべきだ』

 前者の道徳教育不要論には八割方賛成である。
寸胴も過去に、
『教育体質の改善を図れ』 l (2006.11.30)
『教育基本法に自信があるなら解散総選挙を』 (2006.12.15)
『だから「道徳」は廃止しよう』 (2007.4.26)
などで、自身が受けてきた学校教育と現行の「道徳」科目や「倫理社会」科目の限界と弊害について記した。

 しかし、単に廃止してその分の時間を他の教科、特に算数・数学や国語に割り振るのなら反対する。自分の在任中に『学力テスト』の平均が上がって、諸外国との比較で優位になることが目的なのかと、勘ぐりたくなる。いったい教育の顧客は誰なのか?

 更に『歴史教育もやめるべきだ』というなら
現在の算数教育もいらない と思う。算数は教科で教えることではなくて、教師が身をもって教えること。親も含めて大人が教えることだ。勤労と買い物をしないで金銭勘定が身に付くか!」
現在の国語教育もいらない と思う。国語は教科で教えることではなくて、教師が身をもって教えること。親も含めて大人が教えることだ。教科書用の子供だましの死んだことばは意味がない!」
現在の理科教育もいらない と思う。理科は教科で教えることではなくて、教師が身をもって教えること。親も含めて大人が教えることだ。元素記号(原子記号じゃないよ)を知らなくても生活にこまらん!」
現在の…
すべて要らないことになる。

 そんなことだから、安呆倍三のご都合主義で集められた御用学者集団『教育再生会議』なるものにバカにされ、蚊帳の外に置かれてしまうのだ。

 その一方で、実生活では使うことのない英語(正確にはアメリカ合州国語)を小学生にまで強要しようとしている。いや、もう始まっている。アメリカの植民地政策に迎合しているとしか考えられない。

 今の児童・生徒が何をどの様に悩み、苦しんでいるのかを切実に感じている人に会長のイスを渡して、ご自身は勇退されては如何か。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

一円を笑う者は一円に泣く-政治資金は誰のもの?

 財政難って、いったいどこの国の話なんでしょうかねぇ。
『一円を笑う者は一円に泣く』
『一円足りなくてもモノは買えない』

なんて事を小さい頃から言われてきて、財布の中に5万円以上入ってる事なんか、年に一度ありゃいい身には何とも理解できない話が大真面目で議論されているらしい。

 そもそも、政治資金は誰のものなのだろうか。議員と所属政党への「報酬」なのかしら。当人たちはそう認識しているらしい。民主党も同じ穴のムジナ。領収書や振込の確認が取れないカネは一円たりとも支払わないのが民間の常識である。

 お預かりした政治資金をどの様に有効に使ったか、その成果がどれだけだったかを説明することが既存政党・既存議員の義務ではないのか。

 選挙のたびに『公明正大』仮面や『清廉潔白』仮面を付けてきたが、そろそろ年貢の返納し時だ。デッチアゲタウンミーティングの無駄遣いもよもや忘れたとは言わすまい。

 ニホンの通貨の最小単位は「一円」ですよ、政党サン、議員サン。政治業務に掛かった費用は全て、一円単位で報告してはいかがか。事務所の末端事務員への給与などは個人名を伏せるなど、協力者保護を図る事はいくらでもできる。まずは、領収書が保管されているはずの、過去3年分の使途明細を速やかにホームページで公表すべきだ。

 政党として政治資金・献金を受けていない政党も積極的に開示すべきだ。
 先日の統一地方選で「選挙に金を使わない」をスローガンにした候補者が散見されたが、私は信用しない。選挙で選ぶのは、如何に税金を有効に使える人かだからだ。カネの使い方を知らない者を議員にはできない。

この話のタネは、下記の社説2件。
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20070430k0000m070122000c.html
社説:政治とカネ 領収書で幕とはいかない(2007.4.30毎日)
http://www.asahi.com/paper/editorial20070421.html
政治とカネ―「首相の指示」は偽物か(2007.4.21朝日)

 【だが、これを聞いて「まだ、こんなにもたついているのか」とあきれる人の方が多いだろう。】(毎日)。はい、あきれかえってます。なぜ、政治団体・政党や議員の公的活動・職務に関わるカネについて、会計検査院なり、民間の公認会計士なりの監査制度がないのか、甚だ疑問です。

 【「首相の指示」は偽物か】(朝日・タイトル)。「偽物」と言うより、「タテマエ」でしょ。「ワタクシノシジデ」だとか、独裁ぶりをアピールしそこねまくっているヤカラですから。

 民主党はきっぱり自民党と決別すること、文字通り清廉潔白となること、そして、「2大政党」などという幻想と破滅の世界に気付き、野党共闘を全国展開すること。これらが夏の参院選にむけての必須条件である。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

終わってみればの負け惜しみ~「地方」選~か…

まずは都の速報から。

http://219.109.2.83/h19chi_kai.html
平成19年 東京都知事選挙 開票結果
状況 開票率 発表時刻
57.60% 22時30分 現在

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 8日 (日)

ワカラナイ事だらけの選挙

 相変わらず記事が書けない日々が続き、折角来ていただいた方には申しわけのない限りです。

 いま、記事にしなきゃならないことに、埼玉県の統一地方選がある。
http://www.pref.saitama.lg.jp/senkan埼玉県議員選挙
http://www.saitama.senkyo.cpmさいたま市議会議員一般選挙

 選挙公報が配布されたのが2日ほど前である。内容も旧態然としていて、立候補者の『ホンネ』が見えない。リネン目標ばかりで、評価のしようがない。可能な範囲で、情報を集めてみた。

 しかし、まぁ、ワカラナイ事だらけだ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«ただいま開店休業中