« 特措法で理解しろ | トップページ | 食べ物で遊んだ児童に翌日校長が暴行 »

2006年11月26日 (日)

文部科学大臣からのお願い

これを受け取った人は馬鹿にされた気分になること請け合い。文部省の発表と読売の報道、そして文部省への連絡先を載せます。揚げ足を取るようだが、生徒向けのpdfで「苦」をという漢字を使っているのに【一人でくるしまず】と何故か平仮名。「悩み」が読めれば「苦」は読めるでしょうに。
このpdf、開いてもしっかり画像が貼り付けてあってテキスト読み出しはできなかった。フォントさえ変更しないでくれ、というメッセージなのかしら。
読売の記事は記者が苦労して手入力した跡が伺える。他紙では取り上げてないか、部分引用だったのでその努力は認められる。しかし読売としての見解が全く見えない。読者にどういうメッセージを送ろうとしているのだろうか。

この「お願い」が一人でもその命をつなぐ架け橋になってくれれば、と祈ります。この「お願い」で救われた人はぜひ文部科学大臣様にお礼状を書きましょう。戴いたお礼状は匿名で構わないので公開してくださいね、文部科学大臣様、やらせでないものを。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06110713.htm
文部科学省 「文部科学大臣からのお願い」について
 いじめを受けたことにより児童生徒が自らその命を絶つという痛ましい事件が依然として発生しており、誠に悼ましいことであります。児童生徒が自らの命を絶つということは、理由の如何を問わずあってはならないことであり、深刻に受け止めているところであります。
 このたび、このような状況を踏まえ、「文部科学大臣からのお願い」を発表いたしました。このお願いは、文部科学大臣から、子どもと大人社会一般に対していじめの問題について呼びかけているものであります。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06110713/002.pdf
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06110713/003.pdf
 皆さんの不安や悩みを受け止める相談窓口について、連絡先をお知らせします。一人でくるしまず、ぜひ利用して、話をしてみて下さい。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061117it13.htm
文科相、いじめ阻止に緊急メッセージ…小中高生に配布
 伊吹文科相は17日午後、子供と大人に向けた二つの緊急メッセージを出し、文部科学省は全国の教育委員会に、メッセージをすべての小中高校生に配布するよう要請した。
 いじめや自殺の問題で、大臣が緊急メッセージを出すのは、1996年1月以来、10年ぶり。
 「未来のある君たちへ」と題した子供向けメッセージは、いじめる側の子供たちにはいじめをすぐにやめるよう、いじめられている子供たちには誰かに相談するよう呼びかけている。大人向けは、親や教師、地域の人やスポーツ指導者などに、連絡しあって、子供の命を守るよう訴えている。
 こうしたメッセージは、94年に愛知県の中学2年大河内清輝君がいじめを苦に自殺し、その後も自殺が相次いだことを受け、当時の文相が緊急アピールを出して以来になる。
 伊吹文科相の子供向けメッセージは次の通り。
 弱いたちばの友だちや同級生をいじめるのは、はずかしいこと。
 仲間といっしょに友だちをいじめるのは、ひきょうなこと。
 君たちもいじめられるたちばになることもあるんだよ。後になって、なぜあんなはずかしいことをしたのだろう、ばかだったなあと思うより、今、やっているいじめをすぐにやめよう。
 いじめられてくるしんでいる君は、けっして一人ぼっちじゃないんだよ。
 お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、きょうだい、学校の先生、学校や近所の友だち、だれにでもいいから、はずかしがらず、一人でくるしまず、いじめられていることを話すゆうきをもとう。話せば楽になるからね。きっとみんなが助けてくれる。
(2006年11月17日21時35分  読売新聞)

文部科学省に意見しよう!詳細は各頁参照下さい。
http://www.mext.go.jp/mail/index.htm
文部科学省に関するメールでの御意見・お問い合わせ窓口案内 
御意見・お問い合わせ専用メールアドレス voice@mext.go.jp 
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/iken/020301.htm
「教育基本法・教育振興基本計画に関する意見提出窓口」の設置について
〈宛先〉 〒100-8959 東京都千代田区丸の内2-5-1
文部科学省生涯学習政策局政策課政策審議第一係 宛
〈メールアドレス〉 chukyo@mext.go.jp

|

« 特措法で理解しろ | トップページ | 食べ物で遊んだ児童に翌日校長が暴行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183613/4315900

この記事へのトラックバック一覧です: 文部科学大臣からのお願い:

» 国民をばかにするな〜って私じゃないよ、長谷川眞理子さんだよ [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
信濃毎日新聞社が今日の視角で、長谷川眞理子教授(←クリック)の怒りの声を取り上げている。 ■■引用開始■■  タウンミーティングでの文科省などによる「やらせ」質問問題が話題となっている。どんなことだったのか、徹底的に調査して、関係者の処分も考えるという政府の方針が報道されていたが、この問題は、もっともっと重大なゆゆしき問題であると思う。  実際、私はこの話を聞いて呆(あき)れるとともに、心底、怒りを感じてい�... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 03時25分

« 特措法で理解しろ | トップページ | 食べ物で遊んだ児童に翌日校長が暴行 »