« またまた憲法違反発言ブンメイ大臣 | トップページ | 労働契約法素案~北海道新聞~ »

2006年11月25日 (土)

い~い記事書いてます~東京し~んぶん

ということで、下記をご覧下さい。警察も国家権力の一部で、その利権を守ろうとします。勿論、町中のお巡りさんの多くは誠実な仕事をしていることも知ってますよ。

http://www.tokyo-np.co.jp/sha/
 (2006/11/24)
犯罪被害者白書 施策の羅列では困る
 初の白書としては、各省の施策を羅列しただけの内容だ。内閣府の「犯罪被害者白書」には、警察による被害者名の発表がどう行われたか、検証も一切ない。不十分といわれてもやむを得まい。

 白書は犯罪被害者等基本法に基づき、初めて国会に報告された。昨年末の犯罪被害者等基本計画に盛り込まれた二百五十八施策の実施状況をまとめている。

 これまで、十分な支援がなかった、犯罪に遭った人々や家族の処遇に、国が積極的・総合的に取り組み始めたこと自体は、評価できる。

 公営住宅への優先入居、犯罪被害給付制度の拡充など約九割の施策は、既に着手されている。残る施策についても、粛々と制度整備を進めていってもらいたい。

 ただし、白書は警察庁や法務省など各省庁が取り組んでいる施策の数々をただ並べ上げ、紹介しているだけで、それぞれの施策の検証や評価がほとんどなされていない。

 とくに問題なのは、警察による被害者名の発表の在り方だ。「適切な発表となるよう警察庁が通達を出した」「警察本部長らが報道機関との懇談を実施した」とのみ、記載され、実際にどのような発表がなされたのか、全く検証がない。

 そもそも、基本計画に欠陥があった。被害者名を実名・匿名のどちらで報道発表するかを実質的に警察側にゆだねた内容だったからだ。

 日本新聞協会は昨年、「被害者の実名は、事実の核をなす情報だ」として、警察の発表問題について、反対した。

日本弁護士連合会もやはり反対だった。

 それは、これまで警察に虚偽の発表や、捜査の怠慢といった数々の問題があったためである。

 埼玉県の桶川ストーカー事件では、警察の怠慢や書類の改ざんが明るみに出た。他県警では嘘(うそ)の年齢を発表するなど、事実の「加工」があった。警察官の不祥事を隠す「身びいき」などもあった。

 実は今や、ほぼ半分の都道府県で、被害者ばかりか、被疑者まで匿名発表なのだ。事件事故の事実さえ発表しない事態が起こっている。

 このまま放置すると、匿名発表が“常識”となる恐れがある。その分、周辺取材が制約され、事件の背景や真相に迫ることも困難になる。

 警察に都合の悪いことが隠蔽(いんぺい)される可能性もある。報道機関には公益性の高い情報を正しく伝える責務がある。実名か匿名かの判断は、報道側の領分であるべきだ。基本計画の改正を重ねて求める。

|

« またまた憲法違反発言ブンメイ大臣 | トップページ | 労働契約法素案~北海道新聞~ »

コメント

自己レス追記です。
http://www.asahi.com/paper/editorial.html 社説より
 基本計画では、被害者を実名で発表するか匿名にするかは警察の判断に委ねた。これは匿名発表が増えている実態を追認するものだ。匿名発表では被害者への取材が難しく、捜査の検証もしにくい。警察は、被害者が匿名を希望する場合にはそう付け加えたうえで、実名を発表するようにしてもらいたい。

 メディアは被害者に対する集団的な過熱取材を避け、無理強いを慎む。そのうえで、被害者の実際の姿を伝えていく。そのことを改めて自覚したい。

投稿: 寸胴 | 2006年11月25日 (土) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183613/4304235

この記事へのトラックバック一覧です: い~い記事書いてます~東京し~んぶん:

« またまた憲法違反発言ブンメイ大臣 | トップページ | 労働契約法素案~北海道新聞~ »