« 大本営発表と既得権益を擁護する読売の文系記者様 | トップページ | これでは弾圧されても仕方ない »

2006年11月29日 (水)

体罰を推奨する市議会議員について

柏崎市議関係者様

拝啓 冬の便りもそろそろ聞こえる頃かと存じます。皆様におかれましては日々柏崎市の発展にご尽力されているかと存じます。
他県在住の私が申すことではないかとも存じますが貴市議会議員の中に、自らのホームページにて体罰を容認どころか奨励していることが分かりましたのでご連絡します。

また、該ページでは自己の意に反するコメント・トラックバックを削除することで、一般読者の意見が封殺されており、民意を汲み上げるべき市議会議員としての資質に疑問を感じざるを得ません。

なにとぞ市議会でこの問題を取り上げていただき、該議員に懲戒を含む処置をご検討いただきたく存じます。

問題発言は
http://miida.cocolog-nifty.com/nattou/2006/11/post_21f2.html
2006年11月26日 (日)給食を粗末にした生徒に熱血指導
(中略)
 平成18年11月22日付けの『毎日新聞』にこんな記事が掲載された。
------------------------------------------------------------------------
体罰:奈良の「熱血校長」給食のご飯を団子にし天井に投げた小4男児に
(本文略)
------------------------------------------------------------------------
 この件は、一方的に岡本校長が悪いのであろうか。今後、常識のないような人たちが「体罰教師」のレッテルを張って、岡本校長への何かしらの運動をはじめるであろう。
 しかし、まともに考えてみればいいが、発育の良い現代の小学校4年生が、給食のご飯を団子にして、天井に投げるのである。
 給食費を払っているという意味だけではなく、食べ物を大切にする意味でも、親は自分の子供の躾について、どう思っているのであろうか。普通は、自分の代わりに、その子のことを思って、叱ってくれた岡本校長とよく話すべきではないのか。情けないのは担任教師である。担任教師がその場でキツく叱るのが最短の正解ではないか。
 もし、私が親だったら・・・・鉄拳制裁である。
 2歳の甥っ子にも、お尻を叩くことで「食べ物で遊ぶとおじちゃんは怒る」を認識させている。「ダメなものはダメ」である。
 岡本校長もバッシングされているであろう。激励のFAXを三郷北小学校に送った。
 〒636-0804 奈良県生駒郡三郷町美松ケ丘西2-11-1
 TEL 0745-32-5577 FAX 0745-72-9975
2006年11月26日 (日) 経済・政治・国際 | 固定リンク --------------------------

この記事へのトラックバック一覧です: 給食を粗末にした生徒に熱血指導:
≫ なぜ給食費払わない?:積り積もって18億円超 トラックバック お金ちゃんねる-喜怒哀楽のマネー
給食費って月額5000円以下ですか。週5日お昼弁当買ったら・・。1日500円×20日=10000円(1ヶ月) ※お茶代なし。むー。払わない親御さんは、算数出来ないのかな^^; [続きを読む]
受信: 2006/11/27 10:58:52

コメント
こんにちは。こういう子の親はどんな人たちかな?と思います。もう少し年齢上がるけど、くま2と私は毎朝職場最寄りの私立校の中高生に腹立たしさやら呆れやら感じて通勤してます。何でこんななの~~!
とは別に!今東京ですか?「ダリ回顧展」やってるでしょう、行きた~い!これ巡回展無いんですよ。度々都内に行ってるから時間が空いたら行けそうですね、忙しくて無理なのでしょうか?では、お元気で!
投稿 くま1 | 2006/11/26 10:17:02

 くま1さん、コメント及び「ダリ回顧展」のご紹介ありがとうございます。      ………(※注1)
 このブログを書いてから、体罰で子供がトラウマをもつだの、何故食べ物のことだけキツく怒るのか論理的に説明しろだの、色々なメールやら書き込み(TB削除しました)をもらいました。なにやら私が子供への虐待をしているかのようなものまで・・・。
 「ダメなものはダメ」であり、一線を越えたらキツく叱る。これしかないと思っております。
投稿 三井田孝欧 | 2006/11/27 2:35:47

こんにちは、くま2が怒りでお便りが書けないと言うのでくま1が代筆です。くま2も食べ物で遊ぶなどもっての外、教師が怒ってもいい!と。私たちは教師に同情します、躾けのなってない子どもを預けられ、しかることも出来ず学級が崩壊する責任だけ責められて。まぁ、新卒で就職してからずーっと「センセイ」と呼ばれて勘違いしてる人もいますから、個人的(くま1)には好きな職業ではないです。三井田さんが強くても変なメールに疲れることもあると思います、大変ですね。
ところで、「ダリ」ですが11月中になんとか行きたいな!と思っていたのにいけずに今です。12月こそ行きたいです。それから、12月の議会は質問するのですか?するならいつでしょう、教えてください。
投稿 くま1くま2 | 2006/11/27 12:50:43

自分も親ですし、食べ物を粗末にする子供はきつく注意すべきと思いますが、でも、この校長先生はやりすぎではないですか。
体罰についても、「ダメなものはダメ」でしょう。
投稿 三角ム | 2006/11/27 19:09:56

くま1くま2はやりすぎとは感じていませんが、そう感じる人が多いようですね。私たち心配しているのは、この児童が自分をしかった校長先生が自分の親からの訴えで謝ったことです。それにしても担任も親もおかしい。くま5も同感です!
投稿 くま1くま2 | 2006/11/28 8:33:04
---------------------以上 三井田孝欧ブログより引用-----------------------

問題は元記事は勿論、 ※注1 の 三井田孝欧 自身のコメントです。
このコメントに先立ち、私は以下のようなコメントを致しました。

http://houdoukihon.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_ad2f.html ------------
2006年11月26日 (日)
食べ物で遊んだ児童に翌日校長が暴行
http://miida.cocolog-nifty.com/nattou/2006/11/post_21f2.html へコメント
上記は毎日の記事ですね(書いてあるけど)。
共同通信の記事には『担任はその場で指導し、教頭を通じて校長に報告した』とあります。
【2歳の甥っ子にも、お尻を叩く】のは悔い改めないと甥っ子さんにトラウマ残しますよ。
叱るしか能のないオトナは子供に接する資格なし。
 報道を盲信して視野狭窄に陥っていることを内省されては如何ですか。≪政治屋≫さん。
よろしければ下記ご覧下さい。
http://edugarden.blog50.fc2.com/blog-entry-451.html
------------------------------------------------------------------
しかし、三井田孝欧は ※注1記載のように『このブログを書いてから、体罰で子供がトラウマをもつだの、何故食べ物のことだけキツく怒るのか論理的に説明しろだの、色々なメールやら書き込み(TB削除しました)をもらいました。』と善意のコメントを一方的に削除するという暴挙を行いました(私のコメントもある程度刺激的である事は否めませんが)。私以外にも複数のコメントがあったようです。しかし、意に添わないものは削除されています。

それ以降、私自身は直接コメントを付けることは控えておりますが、私自身のページに少々意見しております。
よろしければご覧下さい。
http://houdoukihon.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_ad2f.html

ちなみに2歳頃の食事は「食べ物との対話」を楽しみ、感触に親しむ時期です。大人から見れば粗末にしている、遊んでいると見えるかも知れませんが、子供自身は至って真剣です。それを体罰で封じ込めることは決して本人のためになりません。

ましてや本件校長は教育委員会などの指導により反省し謝罪しているのであって、「激励」すべきではないと考えます。

突然のメール失礼致しました。各位の益々のご活躍をお祈りしています。

早々

|

« 大本営発表と既得権益を擁護する読売の文系記者様 | トップページ | これでは弾圧されても仕方ない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183613/4352293

この記事へのトラックバック一覧です: 体罰を推奨する市議会議員について:

» いじめ問題について、自殺の連鎖... [気になるニュース (オヤジの雑記ブログ)]
先日、履修不足(漏れ)問題でも(茨城県立高の)校長が自殺したばかりで、今度はいじめ問題による校長自殺。どちらも問題を隠蔽していたことによる責任を取っての(?)自殺。さしずめ”名誉ある死”、昔でいうと武士の切腹といったところだろうか。いや!違うと思う。いじめ問題を別の問題にすり替えて報告してたけど、ばれちゃったんでしょ。その責任を取るなら、詫びるんなら、生きてしっかりと問題解決に当たり、責任を果たすべきです!。生き恥をさらすぐらいなら自ら腹を切る、なんて価値が尊ばれる時代ではない。... [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 22時09分

« 大本営発表と既得権益を擁護する読売の文系記者様 | トップページ | これでは弾圧されても仕方ない »