« 国際平和協力活動 | トップページ | い~い記事書いてます~東京し~んぶん »

2006年11月25日 (土)

またまた憲法違反発言ブンメイ大臣

 現行法でも違法行為、違法を誘引する行為は「教育」とは言いません。寝ぼけてませんか、自己矛盾してませんかブンメイ大臣殿。
【法律や政令、大臣告示などは「国民の意思として決められた」】???信じなさい。さらば救われる、ですか?

【伊吹氏は、政府案の規定は、教育に対する「】自民党などの【政治結社、】創価学会などの【イズム(主義)を持っている団体の介入を排除する」目的だと説明。むしろ、】自民党などの【一部の政党や】支援団体・宗教・【組合などによる「介入」を念頭に置いていることを示唆した。】と解釈してよろしいでしょうか。

 戦前の政府やいわゆるカルト組織が過去にどのような方法(手口)で信者を獲得・洗脳し、いかなる犯罪を犯してきたか、教えなくていいんですか?教えないと自分の身を守れませんよ。お国のために命投げ出して貰うのだから守らなくて良い?そりゃごもっとも、な訳ない。

以下、共同の記事はあっさりし過ぎ。朝日は健闘している。なお、私は創価学会に敵意も親近感も持ち合わせません。念のため。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MYZ&PG=STORY&NGID=poli&NWID=2006112401000319
「特定の思想を禁止」 教育行政で伊吹文科相
 伊吹文明文部科学相は24日午後の参院教育基本法特別委員会で、教育行政について「教育は、法律の定めるところにより行うべきもの」と規定した政府の教基法改正案について「国会で決めた法律は、国民の意思で全体の意思だ。これと違うことを特定のイズム(思想)や特定の思想的背景を持ってやることを禁止しているのがこの条項だ」と述べ、法に基づく学習指導要領などの運用の在り方が法改正で明確になるとの認識を示した。
 文科相は、いじめを主な原因とする子どもの自殺問題について「党派を超えて子どもの命を守っていくことに協力したい」と述べた。
 民主党の福山哲郎氏への答弁。
 このほか民主党の神本美恵子、共産党の小林美恵子、社民党の近藤正道、国民新党の亀井郁夫、公明党の山下栄一、自民党の岩城光英の各氏が質問に立つ。

http://www.asahi.com/politics/update/1122/010.html
教育行政、「不当支配にあたらず」 国会審議で文科相
2006年11月23日00時07分
 伊吹文部科学相は22日の参院教育基本法特別委員会で、政府の教育基本法改正案が、教育は「不当な支配」に服することはないと規定していることについて「国会で決められた法律と違うことを、特定のグループ、団体が行う場合を『不当な支配』と言っている」と語った。一方、法律や政令、大臣告示などは「国民の意思として決められた」ことから、「不当な支配」にあたることはないとの考えを強調した。

 現行の教育基本法は「教育は、不当な支配に服することなく」と規定。政府の改正案も、この表現を踏襲しつつ、「法律の定めるところにより、行われるべきだ」との規定が追加された。

 これまで教職員組合などは「不当な支配」の規定を、教育行政による教育現場への「介入」を阻止する「盾」と位置づけてきた。また、9月の東京地裁判決では、国の学習指導要領に基づき国旗掲揚・国歌斉唱などを強要する都教委の通達や処分が「不当な支配」にあたると判断された。

 しかし、伊吹氏は、政府案の規定は、教育に対する「政治結社、イズム(主義)を持っている団体の介入を排除する」目的だと説明。むしろ、一部の政党や組合などによる「介入」を念頭に置いていることを示唆した。

 一方、安倍首相は、国旗・国歌について「学校のセレモニーを通じて敬意・尊重の気持ちを育てることは極めて重要だ」と強調。「政治的闘争の一環として国旗掲揚や国歌斉唱が行われないのは問題だ」と批判した。

|

« 国際平和協力活動 | トップページ | い~い記事書いてます~東京し~んぶん »

コメント

starさんのところから参りました。昨日、参議院教基法委員会の野党議員にファックスを送り、事務所に電話を入れ、改正阻止、10条(与党改正案16条)重点的攻撃の上、与党に書き換えさせる努力をするよう要請しました。質疑に立つ野党議員に前もって、「不当な支配」に関する項目を書き換えさせるくらいの譲歩を与党から引き出せ、と要請するとよいかも知れません。聞いて欲しい質問をファックスで送るのもよいでしょう。昨日質疑に立った、神本、小林(以上民主)、近藤(社民)も、この件にを念頭において、与党を追及すると私に返答しました。昨日、伊吹文明堂は、政府・政権も「不当な支配」の主体になりうると、見解を改めるような発言をしましたが、憲法に準じれば当然です。認めた以上、改正案16条は元に戻すべきで、その旨今後も徹底的に野党に申し入れるつもりでいます。来週は、民主の櫻井などが質疑に立つ予定です。

投稿: 七海耀 | 2006年11月25日 (土) 10時02分

七海耀さんコメントありがとうございます。本ブログの初コメントです。
この記事は民主党、共産党、一部のマスコミなどへメールしたものです。
与党は「修正すると衆院へ戻さなければならないから一時一句変更の余地はない」と強気です。
一番心配なのは民主党の動きです。党内には与党案に賛成するスパイが発言力を持ち、野党共闘を切り崩そうとしています。現政権が恐怖政治のもと新しい臨戦態勢・新しい戦前を着々と構築しています。七海耀さんは行動力があるようなので今後の活躍も期待します。
ところで七海耀さんはなんと読むのですか。「ななみよう」さん?不勉強ゆえ分からないので差し障りなければ教えてください。

投稿: 寸胴 | 2006年11月25日 (土) 16時44分

寸胴さん、ブログ開設おめでとうございます。ごあいさつが遅れました。「不当な支配」の意味するところは180度転換しますね。権力を縛る条項だったのが、権力者が権力を批判する勢力を封じるものに変わってしまいます。民主党の動きがカギのようですね。私もメールとかファックスとか送ってみます。

投稿: star | 2006年11月25日 (土) 23時30分

starさん、ようこそお越し下さいました。
民主党も恥民党と同様な密室会議・結果だけ報告の体質があるようです。国会中継などを聞いていると実力のある人もいるのは分かるので、返事が来たことはないけどmailを書いてます。インターネットが選挙の鍵、そんな時代が近い気がします。

投稿: 寸胴 | 2006年11月26日 (日) 00時10分

初めてのコメントとは思いませんでした。ブログ開設おめでとうございます。七海耀は(ななみあかる)ですが、YahooではNANAMIで通ってます。行動力といっても、一市民の立場では、ファックスやら電話やらが限界で、やや決定力に欠けます。弁護士会などは、与野党の議員を訪問して直接働きかけているようですが。

投稿: 七海耀 | 2006年11月26日 (日) 01時33分

寸胴さん、この問題、たいへんな問題ですね。寸胴さんの記事を参考にして私も記事書きました。「『不当な支配』って?」という記事です。トラバしようと思ったけどトラバ機能ないみたいなので、コメント残します。

投稿: star | 2006年11月27日 (月) 11時10分

トラックバックは現在制限なく受付・即公開しています。
上にある『この記事のトラックバックURL:』をご自分の記事にコピペして送信(保存)します。昨日私もstarさんにコメントしたのですが「失敗しましたしばらくしてから…」と何回も蹴られました。TBもすぐ公開されない又は失敗する事があるようです。yahoo,cocolog共に『管理中・記事作成中はコメント・TBを受け付けない』という仕様なのかしら。ご存じの方教えてください。
別記事 http://houdoukihon.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_ad2f.html 食べ物で遊んだ児童に翌日校長が暴行 も是非ご覧下さい。

投稿: 寸胴 | 2006年11月27日 (月) 17時23分

寸胴さん、遅ればせながらトラバしました。トラバ成功!

投稿: star | 2006年12月 1日 (金) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183613/4304051

この記事へのトラックバック一覧です: またまた憲法違反発言ブンメイ大臣:

» お上に逆らうなってことだ〜教育基本法で政府が正体現す! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
北海道新聞の共同配信記事(←クリック)によると、【伊吹文明文部科学相は24日午後の参院教育基本法特別委員会で、教育行政について「教育は、法律の定めるところにより行うべきもの」と規定した政府の教基法改正案について「国会で決めた法律は、国民の意思で全体の意思だ。これと違うことを特定のイズム(思想)や特定の思想的背景を持ってやることを禁止しているのがこの条項だ」と述べ、法に基づく学習指導要領などの運用の在り方が法改正で明確になるとの認識... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 06時08分

» 伊吹文科相の恐ろしい発言 [天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳]
 看守がブログで受刑者の個人情報を流していたとか・・・こんなことが平気で起こるのに、裁判員制度で個人情報が保護される保障はあるのでしょうか・・・? さて、本日はお世話になっているヤメ蚊さんのブログか...... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 14時42分

» 「不当な支配」って? [キリスト者として今を生きる]
||#ffffffstyle=font:15px``次の2つの条文のちがい、わかりますか?|| {{{ 現行教育基本法第10条 「教育は、不当な支配に服することなく、国民全体に対し、直接に責任を負って行なわれるべきものである」 教育基本法「改正」案第16条 「教育は、不当な支配に服することなく、この法律及び他の法律の定めるところにより行なわれるべきものであり、教育行政は、国と地方公共団体との適切な役割分担及び相互の協力の下、公正かつ適正に行..... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 20時02分

» 肝がんと肝炎ウイルス感染 [がん情報研究所 癌(がん)は治る病気です!]
肝がんは、肺がんや子宮頸がんと並び、主要な発生要因が明らかになっているがんの1つです。重要なのは、肝炎ウイルスの持続感染です。肝炎ウイルスには肝炎ウイルスが存在しています。肝がんの約75%は、B型肝炎ウイルス(HBV)およびC型肝炎ウイルス(HCV)の持続感染によるものです。肝がんの予防としては、肝炎ウイルス感染予防と、肝炎ウイルスの持続感染者に対する肝がん発生予防が柱となります。肝がんは、C型肝炎ウイルスが正常肝細胞に作用して突然変異を起こさせて発生するものと推定されていま...... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 18時12分

« 国際平和協力活動 | トップページ | い~い記事書いてます~東京し~んぶん »